美的生活をかなえるブログ by ビューティーフードプログラム: 2013年5月

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

美的生活を叶えるブログ Vol.26 清水涼子(2)

ビューティーフードプログラムでは、
美しく・カッコよく・素敵な女性にインタビューをして、
美しさの秘訣や、食生活で気を付けていることなど
皆さんの生活に役立つ情報を提供していきます。

第26回は、デザートプランナーとして活躍中の
清水涼子さんです。
美の秘訣、第2回をお届けします!

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

みなさん、こんにちは。
先週の関東地方は清々しい日々が続いておりましたが、今週になり
一転して梅雨が間近であることを感じさせる曇り空が広がっています。

みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。
私の身体は、気候や季節にとても左右されやすく、晴々した天気の日は、
身も心も軽やかで調子が良い日が続きますが、
湿気が強くなり曇り空になると私の体調も雲行きが怪しくなり始めます。
1年の内で体調の良い・悪いサイクルが決まってしまっているのです…。
だからこそ、悪いサイクルが来る前に予防するよう心掛けています。
予防法は体質改善のための漢方の服用や、
事前に無理な計画を立てすぎないこと、食事に気を付けることなど様々です。

自分の身体のサイクルを知るというのも、内なる健康の美を保つ意味では
とても重要なことですよね。

そう言われてみれば、わたしこの時期苦手…
そう、思い当たる点がある時は是非、メモを残して来年の自分に
教えてあげてください。
心掛けるだけで随分と身体が楽になりますよ。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

*** 人間は意識して生きることが大切 ***

さて、先週のビューティフードチェックを行ってから1週間が経過しました。
私はこの1週間を経て、今さらですが自分自身の素直な一面を
発見することができました(笑)。

近年、健康ブームという時代の流れの中で、
様々な健康器具や食事方法など数多く紹介されていますが、
私はあまり左右されないよう、また、
偏った情報の見方・食べ方をしないよう
心掛けています。

当り前のことですが「食事は3度、バランスの整った摂取方法で偏りなく食べる」を
基本とした生活スタイルを崩さないよう、日々過ごしています。
これは、恐らく「子育て」をしている中で、子どもの健康的な食生活を
勝手に大人の意向で崩してはいけない、という責任を母親ながら
感じているためなのでしょうね。

そんな私が、ビューティフードチェックに興味を示したのは、
食のバランスを計るものであり、現状を知ることができると判断したからです。

その結果、チェックをしてからというもの、自分が日頃おやつとして口にするもの、
食事のお献立、摂取時間帯などを改めて意識するようになりました。

恐らく、食生活は毎日の積み重ねだからこそ、
少しずつの心がけが意識として変わり、最終的には良い食習慣を作り上げ、
美意識の向上にもつなげられるのだと感じました。

これならば気負わずにでき、そして無理なく生活の中に取り込められると思います。
“人間は意識することが大切である”ということに気付かされた1週間でした。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

*** 私の具体的な意識例 ***

「おやつの意識」
ストレスによる摂取を控え、子供と同じ3時に摂る。仕事による試作、試食も
昼間に行う。

「食事のお献立」
魚が週1〜2回程度だったものを、3〜4回以上に増やしたこと。
魚料理の味付け、食べ方を変えることで子供にも摂取しやすく工夫したこと。
箸休め程度のお魚料理を1品増やし、魚がある生活への習慣化。

「摂取時間帯」 
朝は6時半、昼は12時、夜は19時、おやつは15時〜16時、21時以降は口にしない。

こんな風に、当たり前の生活を当たり前に過ごす生活意識を高めてみました。
…とはいえ、実は子育てをしていると自然に身に付くことばかりでした。
規則正しく早寝早起き、栄養バランスの整った朝・昼・おやつ・晩のお食事、
摂取時間帯も生活のサイクルで決めるといったようにあえて修正をしなくても、
おおよそのことは子供がいれば否応なく自然に身に付く習慣です。

私のように、ストレスという障害を「食への発散」とさえしなければ、
きっと母親業というのは最も健康的でバランスの整った食事を摂れる
最高の職業であると感じます。
このまま、意識を高くもちながら生活していけたら、
注意マークは1ヶ月後には消えてなくなるかもしれないと期待をして、
また1週間頑張っていきたいと思います。

…とはいえ、まだ解決できていない問題が1点。
運動不足の解消法を次の1週間で探していかねばなりません(笑)。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

** スイーツリメイクは 心の豊かさ(内なる美) を育む!? ***

栄養バランスの整ったお食事を摂る事が、美しさを保つ秘訣であることが
わかりました。

では、さらに美しさに磨きをかける意味で重要な内なる美の秘訣を
今日はスイーツを通して、ご紹介したいと思います。

スイーツ = 太る 女性の方は誰しもがそこを着目してしまい敬遠しがち。
確かに過剰摂取(毎日摂る、多量に摂る)を続ければ、身体にも支障をきたし
悪いイメージだけが残ります。
でも、スイーツ を上手に摂取した時に見られるプラス面では
どんなことがあげられるか…今日はそこに着目したいと思います。

スイーツをみなさんが食べるとき、それはどんな時でしょうか。
お友達と一緒にお茶をするとき、お誕生日や記念日、頑張った自分へのご褒美、
励ましたい時など…と、理由は様々。
背景はどれも、心を癒し、和ませるような場であることがほとんどであり、
スイーツは自然と心を豊かにしてくれる場を運んでくれています。

だからスイーツは、贅沢品・嗜好品 と言われることに納得がいきますね。

それならば、頂く時には美味しさだけではなく癒しの空間であり、
視覚的にも心を和ませる ことが必要不可欠になります。

自分のために買うお菓子1つも、人のために用意するお菓子も
豊かな心を育む形であることが更なる内なる美を保てる秘訣です。

レストランやカフェ、ケーキ屋さんでは、視覚・空間・味を調えて
最高のバランスで提供されるスイーツ。

でも、この形が自宅でも再現できて、お客様にお出しすることが出来たり
自分のおやつとして食べたりすることが出来たならば、
自らが作った満足感と、美しさ、その美味しさにも心が満たされ
最高の心の豊かさが育まれます。
それはまた、自宅で味わえる最高の贅沢な形です。

スイーツリメイクはこうして、心の豊かさを育むために生まれ…
内なる健康の美に磨きをかけてくれる一つの手段になると思います。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

*** バランス から成り立つ スイーツリメイク ***

健康の美は整った栄養のバランスから育まれていました。

心の豊かさを育む スイーツリメイク も、味や食感つまり組み合わせのバランスを
整えることで成り立っています。

みなさんが普段何気なく口にするパフェやケーキ。
ただ、いろいろな食材を入れているわけではありません。
そこには、多くの掛け算が施され、おいしさのバランスが整えられているわけです。

それはどんな掛け算か…
スイーツリメイクでいつも考える スイーツのバランスを
お話ししてみたいと思います。

メインとなる商品の選択よりスタートします。

Maccha3

↑新茶の季節にあわせ、抹茶デザートを選択しました。

スーパーやコンビニでメイン商品を決める時から、以下のことを頭に入れて
商品の購入をし、そして今度は、以下の条件に合わせて
組み合わせの掛け算=リメイクをしてデザートしての完成度を高めていきます。

Maccha1 

↑母の日をテーマに抹茶づくしのデザートをお題に作り上げたものです。

年齢層、嗜好、季節感を考慮して作成したデザート。
飽きがこないよう、食感も様々なものを入れて作っています。
●見た目のバランス
 季節性、色合い、形状
●食感のバランス
 口どけ、サクサク感、しっとり感、なめらか、ふんわりetc…
●料理とのバランス
 お料理とデザートの整合性
●質感、量のバランス
●食器とのバランス
●栄養バランス(必ずしもあるとは限りません!!)
●ターゲット層
●天候や気候
 温度帯(ひんやり、ホット食感etc…)
●相手の嗜好傾向

こんな風に、たった一つのデザートを作るのにもこれらの要素を掛け合わせ、
もっとも食材が輝ける良いバランスを整えます。

良いバランスを整えてあげることは美味しさに安心感が生まれ、
心の癒しにつながります。
スイーツが女性の心をくすぐるのは、スイーツが放つ
見た目の美しさとバランスの整った味による心の癒し、
おもてなしをされるという贅沢な空間にあるのかもしれませんね。

スイーツリメイク はこうして、あなたのおもてなしをサポートできる一手段で
あることを頭の片隅に入れておいていただけると嬉しいです。

心の美 を育むためには、より美味しく、視覚的にも美しく、
季節感を取り入れた旬(今)を味わうこと、せっかくだから人のため、
自分のためにも身近に取り入れてみてはいかがでしょうか。

スイーツリメイクにて人をもてなす立場に立ち、
「人の喜ぶ顔をみて自分も幸せ」になれたその時、
最も美しい心からの笑顔があなたを包み込み
内なる美を輝かせてくれることと思います。

心の豊かさは内なる健康の美の証、面倒がらず購入デザートに
プラスひと手間加えることのできる心のゆとり(余裕) がもてたらとても素敵です。

スイーツそのものが 心の豊かさを育む道具であるならば、
それを使って人をもてなすことは、あなたの心の豊かさに
より一層磨きをかけてくれると私は思います。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

もちろん、心の豊かさの形成はスイーツのおもてなしや、
食べることだけに留まりません。
これは、ほんの一例にすぎませんが、みなさんが身近で簡単に試せることを
今回はお薦めしてみました。

私も美について今まで考えてみたことはありませんでしたが、
こうして改めて考えてみると普段さりげなくしている
しぐさや行動が美意識につながるのかもしれません。

みなさんも内なる美について是非
普段の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。
そしてもし不足がちと感じたならば、
それは意識するだけできっと少しずづつ変われるはずです。

私も更なる美意識を高め、心を育む生活をしようと思います。
内なる美は女性にとって永遠の課題ですね。
それでは、また来週。

Ryoko

 
━◇Profile◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

Shimizuprofile_3 

清水 涼子
フードコーディネーター、デザートプランナー
栄養士

大手、ベンチャーで学んだ商品開発のノウハウを生かした
誰でも簡単、失敗しないカフェスタイルなおもてなし
『スイーツリメイク』を通して講座講師を務める.他…

   HP: http://www.sweetsremake.com/
ブログ: http://foodsnews.com/blog/archives/author/ryoko-shimizu

美的生活を叶えるブログ Vol.25 清水涼子(1)

ビューティーフードプログラムでは、
美しく・カッコよく・素敵な女性にインタビューをして、
美しさの秘訣や、食生活で気を付けていることなど
皆さんの生活に役立つ情報を提供していきます。

第25回は、デザートプランナーとして活躍中の
清水涼子さんです。
美の秘訣、第1回をお届けします!

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

はじめまして、こんにちは。
デザートプランナーの清水涼子です。

私の日頃の美意識は「感謝して生きること」。
多くの出会い、過去の自分、家族、両親、友達…
とてもたくさんの人達に支えられ生きています。
そしてもう一つ、心がけていることは
「人に喜んでもらえることをすること(おもてなし)」です。
そんな自分がいるのは、幼少期より母に言われた言葉が
記憶の奥底に根付いていたからです。

「自分が楽しむのではなく、人の喜ぶ顔をみて自分が何倍もの幸せを
もらうことができる人となりなさい」

この母の言葉、私は今になってやっとわかり始めそして感謝しています。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

今活動をしている「スイーツリメイク」は子育てに忙しいママが、
ホッとひと息つけた時にわが家でスイーツを通して、プチ贅沢 を
味わっていただくために生まれました。
それは、くつろいで楽しんでもらいたいという「おもてなしの心」からでした。
おもてなしをする と考えると 人はすごく気負おうとしますが、
高価なものばかりが、そして良質な食材ばかりが おいしさを奏でるわけではありません。

ただ良い物が目の前に並べられ、お茶とともに出されるよりも、
すごく高価なものではないけれど、身近なスーパーやコンビニで手に入る
購入してきたデザートに、季節や気候に合った旬の食材をお客さまの思考に合わせて、
組み合わせ飾るようにひと手間加えることができたならば…
それはどんな高級なお菓子にも勝る最高のおもてなしの形、なのです。

Pudding_7

Picture1_4

足を運んでくれたことへの感謝の気持ちがあるからこそ、
ひと手間加えて 出来立ての美味しさを楽しんでもらえます。

安価で簡単なのですが、そこには心のひと手間が大きな役割を果たし、
手作りお菓子に匹敵する味わい深いものとなり、おいしさのハーモニーが生まれるのです。

美味しいね…

そう言ってもらえた時、私は心から嬉しく、共に喜びを分かち合えると思います。
そして、心の中で 「今日は来てくれてありがとう」 とつぶやきます。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

さて、みなさんは美についてどう思われますか。
私は、本来の美は内なる力が8~9割、表面の美しさが1~2割程度ではないかと
思います。

つい先日、私は36歳の誕生日を迎え、20代までは「表面の美」を気にしていたのが、
30代中盤になり、今までが嘘のように「内面の美」を気にするようになりました。
「内面の美」とは、身体の健康面そして生き方です。

身体に関しては、育児・仕事・生活において慌ただしい日々に追われ自信がないのですが、
姉が漢方医であることより、毎日自分の身体にあった漢方を飲み続ける事で、
体の基礎作りを行っています。

また、食事面に関しては育児中ということもあり、少なからず栄養面を
気にしているつもりですが…。
自分の今を知ることはとても大切です。
このような恵まれた機会を頂けて、しかもちょうど36歳という
お誕生日月にブログ執筆のご縁、とても感謝しています。

36歳 清水 涼子、ビューティーフードチェックに基づき、
食生活からなる内面の美チェックを早速行いたいと思います。

Photo_2

 

全て、注意マークも出てしまいました。…想像通りの結果でした(笑)

『間食の摂り方』に関しましては、半ばあきらめていましたが、
仕事以外での間食を減らす努力はまだできそうです。
つい、育児のストレス発散に自分時間ができた夜のご褒美おやつ…
まずはこれを止めてみようと思います。

『肉食・脂質過多』
これは私の幼少期からの生活習慣ですね。父が肉食派で魚よりお肉料理が多く、
今現在我が家におきましても主人が魚好きだと言いながら、
魚料理にすると手を付けない事があったりと…やはりお肉派で魚が1週間に1~2回程度。
この比率を変えていったほうが良さそうです。
この食習慣は、私の母の健康診断の結果からも顕著に出ており、
改善すべき点であることは否めません。
自分のみならず、主人や子供の食習慣を支える母として、努力あるのみです!

『運動不足』
これは足りていないと思います。
以前やっていたヨガもすっかりしなくなり、今運動という運動はしていません。
胸を張れるのは、唯一子供の追いかけ作業であるかけっこだけです。
ここは、何か対策を練らなくてはなりません…。

耳が痛い事ばかりの結果でしたが、自分の身体を改めて知るという
良い機会にもなりました。
ダメだとわかってさえいれば、すぐに変えることができなくても
ダメなことへの罪悪感は少なからず持ちながら生活できるからです。
少しずつ減らしていくことで、小さな習慣化となり…
それがやがて行動の変化へとつながっていくからです。

今の自分を知れたことは一番の宝であり成長する証ですね。
この1ヶ月間、気に止めながらいつも通りの生活をしてみようと思います。

それではまた来週。
どんなブログをかけるか楽しみです(笑)

Ryoko

━◇Profile◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

Shimizuprofile_3 

清水 涼子
フードコーディネーター、デザートプランナー
栄養士

大手、ベンチャーで学んだ商品開発のノウハウを生かした
誰でも簡単、失敗しないカフェスタイルなおもてなし
『スイーツリメイク』を通して講座講師を務める.他…

   HP: http://www.sweetsremake.com/
ブログ: http://foodsnews.com/blog/archives/author/ryoko-shimizu

美的生活を叶えるブログ Vol.24 朴沢広子(4)

ビューティーフードプログラムでは、
美しく・カッコよく・素敵な女性にインタビューをして、
美しさの秘訣や、食生活で気を付けていることなど
皆さんの生活に役立つ情報を提供していきます。

第24回は、朴沢広子さんです。
美の秘訣、最終回をお届けします!

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

こんにちは!朴沢広子です。
皆さんGWはいかがお過ごしでしたか?
今年のGWは天気にも恵まれて出かけられた方も多いのではないでしょうか。
私は、GW中、遠出をすることはなかったのですが、
以前から携わっている「親子歴史料理教室」を開催してきました。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

歴史と料理?なかなかない組み合わせだと思います。
まず前半に、歴史上の人物にスポットをあてて、
その人物や時代についてレクチャーをし、レクチャーを踏まえて
「考える力」を引き出す問題を子ども達に解答してもらい、
保護者の方々の前で発表してもらいます。

そして後半では、その人物が食べていたレシピや郷土料理を再現し、試食します。
私は後半の料理パートを担当しています。
今まで豊臣秀吉、徳川家康、栗林忠道を取り上げてきましたが、今回は山本五十六!
海軍が食べていた料理の一つ「ロールビーフ」を作りました。
過去の文献に基づいたレシピで、子ども達に山本五十六が戦争中、海軍で
どのようなものを食べていたのかを体験してもらいました。
みんな一生懸命作ってくれて、戦争中海軍はこんなにいいものを食べていたんだ!
と驚いていました。

Hcc1_2

そしてもう1つ、山本五十六が実際に食べていた「水まんじゅう」を取り寄せて、
皆で試食しました。
小倉でできた甘くない酒まんじゅうに水と雪の塊を浮かべてまんじゅうをふやかし、
その上から砂糖をかけて食べていたということで、
「水まんじゅう」と呼ばれていました。水と氷でまんじゅうをふやかし、
お砂糖をかけて、子ども達の感想は…無言になってしまう子も(笑)。
でも山本五十六は何が好きだったのか、海軍ではどのようなものが
食べられていたのか、少しでも考えられたのではかいかと思います。

Hcc2_2_2 

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

さて、今回でブログも4週目ということで、再度ビューティーフードチェックを
行ってみました!

結果は…
リスクは変わらず「お酒」「運動不足」「睡眠」ですが、
「お酒」と「運動不足」にあった涙マークがなくなっていました。

Photo_3   

少し努力して少し改善されているのが、このような結果ででてくるのは
やはり嬉しいものですね。運動不足解消のために、いつもより10分多く歩く、
ストレッチは10分程度時間を決めてきちんと行うことを
今後も意識していこうと思います。
お酒はやはり飲み方を意識すること、休肝日を決めることが重要だと
1ヶ月過ごして感じました。
そして睡眠不足に関しては、今後も課題ではありますが、
寝る時間と起きる時間を決めて、起きている時間を最大限効率よく過ごすことを
習慣づけていこうと思います。

1ヶ月過ごしてみて、自分の健康状態を定期的にチェックしたり考えたりする機会が
非常に重要であることを改めて感じました。
このビューティーフードチェックもそのツールの一つだと思います。
あまり気負いしすぎると長続きしないので、自分のペースで楽しみながら
今後とも続けていきたいと思います。

ありがとうございました!

━◇Profile◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

Image1_4   

朴沢広子 Hiroko Hozawa
慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科
スポーツマネジメン卜専修卒業(健康マネジメント学修士)。
勤労者の健康増進・維持のサポートを目指し、
現在女子栄養大学短期大学部に在籍中。

美的生活を叶えるブログ Vol.23 朴沢広子(3)

ビューティーフードプログラムでは、
美しく・カッコよく・素敵な女性にインタビューをして、
美しさの秘訣や、食生活で気を付けていることなど
皆さんの生活に役立つ情報を提供していきます。

第23回は、朴沢広子さんです。
美の秘訣、第3回目をお届けします!

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

こんにちは!朴沢広子です。
GWいかがお過ごしですか? 
今週末も天気に恵まれてお出かけになる方が多いのではないでしょうか♪

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

今回は健康や美容のために実践していることについて触れたいと思います。
アロマテラピーとセルフマッサージ。
この2つは日々の生活に欠かせないものとなっています。
…といってもやっていることは非常に簡単です。
大好きなエッセンシャルオイルを使って、ほんの数分フェイスとボディを
マッサージするだけです。

Essentialoil2_4         

洗顔後にマッサージオイルにエッセンシャルオイルを混ぜて軽くマッサージします。
1,2分ケアをするだけで、肌の調子を整え、リンパの流れが良くなります。
ボディケアに関しても、保湿ついでに少しマッサージすると
意外に腕が凝っていることや呼吸が浅くなっていることに気がつきます。
また、少しマッサージするだけでも脚のだるさやむくみは改善できるんですよね。

あとはこれ。

Stretchpole_2 

ストレッチポールはずっと愛用しています。
この上に数分間仰向けになるだけで肩甲骨が開いて身体がすごく楽になるんです。

毎日忙しい生活を送っていると、自分の肌や身体の状態に鈍感になるように思います。
忙しい時こそあえて数分、自分の身体を気遣う時間を作ることが重要なのではないかと
感じています。
肌や身体の状態は勿論、メンタルの部分においても同じことが
言えるのではないでしょうか。
ストレスの多い現代社会で、いかにセルフケアをしていくかが健康でいるための
秘訣なのではないでしょうか。

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━


今回ブログを担当している間にずっとご紹介してきたFood & Health講座。
次回は5月17日(金)に第4回講座が開催されます。 
今回のテーマは「食の安全」についてです。

日本の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加が承認され、
食品添加物、残留農薬、遺伝子組み換え食品等の規制緩和による「食の安全」が
懸念されていますよね。
今後は自分や家族は勿論、食品を扱う方であればその提供する相手の
「食の安全」を確保するために、それぞれが食に関する正しい知識と
情報を得る必要があります。

ただ、食に関する情報が溢れ返っている中で、どのように正しい情報を
取捨選択していけばよいのでしょうか。
今回の講座では、食生活ジャーナリストの会代表幹事の佐藤達夫先生に、
食品添加物や無農薬野菜、遺伝子組み換え食品、食品の放射線汚染等について、
食情報を科学的に検証する方法や食品の選び方を分かりやすく解説していただきます。

また、講座終了後には、中食・惣菜を活用した野菜をたっぷりのディナープレートを
召し上がっていただきます。
忙しい毎日の中で、全ての食事を手作りにできない日もあるかと思います。
そんな時でも野菜をたっぷり摂って、美味しく食べることのできる工夫やヒントを
お伝えできればと思っております。

Rounge1_2


詳細につきましては以下のHPをご覧くださいね。

http://food-connection.jp/food-health/

それでは、よい休日をお過ごしくださいね!
 

━◇Profile◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

Image1_4   

朴沢広子 Hiroko Hozawa
慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科
スポーツマネジメン卜専修卒業(健康マネジメント学修士)。
勤労者の健康増進・維持のサポートを目指し、
現在女子栄養大学短期大学部に在籍中。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »