« 美的生活を叶えるブログ Vol.21 朴沢広子(1) | トップページ | 美的生活を叶えるブログ Vol.23 朴沢広子(3) »

美的生活を叶えるブログ Vol.22 朴沢広子(2)

ビューティーフードプログラムでは、
美しく・カッコよく・素敵な女性にインタビューをして、
美しさの秘訣や、食生活で気を付けていることなど
皆さんの生活に役立つ情報を提供していきます。

第22回は、朴沢広子さんです。
美の秘訣、第2回目をお届けします!

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

こんにちは!朴沢広子です。
先週のチェックシートを行ってから一週間経ちました。
チェックシートの結果を踏まえて、「お酒、運動不足、睡眠不足」に関して
意識したことを少し紹介したいと思います。


━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

「お酒」
お酒の量と頻度を考えつつ、まずはお酒を飲むときには
なるべくお水を一緒に飲むように心がけました。
アルコール度数の高いお酒は胃腸への刺激や肝臓への負担も大きいと言われています。
アルコール度数の高い焼酎や日本酒も好きなので、ただ単に量を減らすのではなく、
「飲み方」を意識することにしました。
まだ一週間目なので、これから数週間様子をみたいと思います!

「運動不足」
今年、厚生労働省から「健康づくりのための身体活動基準2013」「健康づくりの
ための身体活動指針(アクティブガイド)」が公表されました。
「プラス・テン(+10)から始めよう!」をコンセプトに,
今より10分多く体を動かすことを目標に掲げています。
ということで、私もいつもより10分多く歩くこと、ストレッチを十分にすることを
意識することにしました。運動は30分を週2日以上行うことが目標ではありますが、
時間がないときは意識的に歩くだけでも随分違うのではないでしょうか。

【アクティブガイド(厚生労働省のHPより)】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xple-att/2r9852000002xpr1.pdf

「睡眠不足」
これは大きな課題ではありますが、まずは寝る時間を意識することにしました。
一日8時間寝ることはなかなか難しいですが、
一番熟睡できる時間にきちんと寝ることを心がけていこうと思います。
睡眠時間に関してはすぐに改善は難しいですが、
このブログを担当する1ヶ月を機会に、少しずつ習慣付けていきたいと思います。


━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━


さて、先週開催されたFood & Health講座の様子もご紹介したいと思います。
今回のテーマは「穀菜果食」。前回も少し触れましたが、穀菜果食とは、
「穀物・野菜・果物」を中心に適量のたんぱく質を取り入れた食事の摂り方です。
なぜ今そのような食べ方が求められているのでしょうか。
穀菜果食の第一人者であり、文教大学 健康栄養学部 専任講師の岩井達先生を
お招きしてお話ししていただきました。

3_6


講座ではグローバル化によってもたらされた食糧危機の問題、飢餓問題、
我が国における穀物自給率の低下、日本人の食生活の変化や生活習慣病等
について多岐にわたって解説していただきました。
このような現代社会において、今後は穀物・野菜・果物をしっかり食べ、
食物を極力丸ごと食べて無駄をなくしていく食事方法が、
人・社会・地球環境を健康にしていくのではないでしょうか。

講座終了後の懇親会では、「忙しい朝でも手軽にもう一品」をテーマにした
プレートを召し上がっていただきました。

Photo_4


今回も食や健康に携わる様々な職種の方々にご参加いただき、
懇親会では活発に情報交換をされていました。

次回は5月17日に開催される「食と健康情報のウソホント~安全な食品の選び方・
食べ方とは~」の講座についてご紹介したいと思います。
詳細につきましては以下のHPをご覧ください。
http://food-connection.jp/food-health/

それでは!

━◇Profile◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

Image1_4   

朴沢広子 Hiroko Hozawa
慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科
スポーツマネジメン卜専修卒業(健康マネジメント学修士)。
勤労者の健康増進・維持のサポートを目指し、
現在女子栄養大学短期大学部に在籍中。

« 美的生活を叶えるブログ Vol.21 朴沢広子(1) | トップページ | 美的生活を叶えるブログ Vol.23 朴沢広子(3) »

美的生活をかなえるライフスタイル」カテゴリの記事