« 美的生活を叶えるブログ Vol.17野口早苗(2) | トップページ | 美的生活を叶えるブログ Vol.17野口早苗(4) »

美的生活を叶えるブログ Vol.17野口早苗(3)

ビューティーフードプログラムでは、
美しく・かっこよく・素敵な女性にインタビューをして、
美しさの秘訣や、食生活で気を付けていることなど
皆さんの生活に役立つ情報を提供していきます。

第17回は、姿勢調律士として活躍中の野口早苗さんの美の秘訣、第3回です!

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━


今回で3回目となりますブログとなりますが、
今回は食事の取り方について書かせて頂きます。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

私は仕事で美と健康のサポートをしておりますが、
「どんな食事を取っているのですか」とよく聞かれます。
Pic31_2

私の基本はローカーブ、あまり炭水化物を摂りません。
体の源はタンパク質だと考えているので、
糖に変換されるお米や麺類は、夜はめったに食べません。

タンパク質の栄養、吸収を促すのがビタミンやミネラルですから、
野菜を中心として、高タンパクな肉や魚を一緒に摂取します。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

朝は3点セットスムージーです。
季節のフルーツと豆乳に、オリーブオイルや亜麻仁油を大さじ1杯ほど足します。
タンパク質を分解させるのに必要なのがビタミン・ミネラルですから、
果物に豆乳を足すことでアミノ酸を作り出し、脳を活性化させます。
さらに、脂質は体の細胞膜やホルモンの生成に欠かせないため、
この3点セットは私にとって朝の最高のパートナーとなっています。
Pic32

そして、自分で食事を作るときは、なるべく野菜は大きく切ります。
野菜を大きめに切ることで、噛む回数が増えます。
今週は冬の味覚、牡蠣とカブのスープを作ってみました。
牡蠣は海のミルクと言われるほど完全栄養食ですし、
冬の根菜は体を温めてくれるので、体も心もほっこりと温めてくれます。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

Pic33_3

そして、食べることでもっとも重要視しているのが、
「食べるときの姿勢」です。
実は骨盤と顎関節の動きは連動しており、足を組んだり、
姿勢を歪めせて座って食事をすると噛み合わせが悪くなるため、
噛む回数は減り、顎関節症の原因の一つにもなるのです。

さらに、背中を丸めて食事をすることは食道から胃までの軌道を狭め、
胃腸などの臓器も正常な位置ではなくなるため、満腹感も感じにくくなります。

体は絶えず、様々な信号を私達に送っています。
私が大切にしているのは、何を食べたいか、ではなく、
「何を栄養素として欲しているか」です。
そして、食事をするときは「この栄養が入っているから体は喜んでいるな」といった感じに
体と対話をします。すると食べ過ぎもなくなります。
必要なものは必要な分だけ体が教えてくれているのです。

その信号を聞くためには、体内の流れを常に整えておく必要があります。
正しい姿勢の維持、骨格を整えておくことで、神経伝達、栄養運搬、体液循環などの働きを
スムーズにしてくれるのです。

姿勢を整えて食事をすると、噛む回数は増え、片側だけで噛むこともなくなります。
そして、何よりも食事の所作、作法も美しくなります。
すると、食事の味わい方も変化してきます。

食べることを通して、「ありがとう」という感謝の気持ちを
心身に伝えていきたいと思います。

━◇Profile━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇━

Profile
野口 早苗 Noguchi Sanae


姿勢調律士。
プロダンサーとしてニューヨークで活躍後、ダンサー経験を生かし、
ピラティス、オステオパシー(整骨療法)技術も合わせ、
姿勢調律士として活動。
正しい座り方、立ち方、歩き方を指導しながら美と健康のサポートをおこなう。
テーマは「Lで座ってIで立つ、Aで歩く」
HP http://sanare-aoyama.com/
ブログ http://ameblo.jp/brave-world/

« 美的生活を叶えるブログ Vol.17野口早苗(2) | トップページ | 美的生活を叶えるブログ Vol.17野口早苗(4) »

美的生活をかなえるライフスタイル」カテゴリの記事