アカデミックレストランレポート: 2009年10月

« 2009年7月 | トップページ | 2010年8月 »

2009年10月

【名古屋】8/1(土)夏のアンチエイジング特別コース『イザーレ・シュウ』

【日 時】2009年8月1日(土)12:00~14:30
【会 場】イザーレ・シュウ
【テーマ】アンチエイジング
【講 師】ベジタブル&フルーツマイスター 横山美紀さん


名古屋の『アンチエイジング』がテーマのアカデミックレストラン、第2弾。
今回は、名古屋・伏見の人気イタリアン「イザーレ・シュウ」。シェフは、水口秀介さん。


Photo 食材は本来の味が楽しめるものを全国の契約農家やご自身の畑から調達し「お客様に常に驚きと感動を」をモットーに、食材の良さを存分に引き出す料理法で一品一品丁寧に仕上げていきます。
食後にトータルで「美味しかった!」と思って頂けるよう全体の味のバランスにも細かい配慮がなされているリピーターの多いお店です。


今回のテーマは「夏のアンチエイジング特別コース」。
料理ごとにシェフに調理法などの説明をしていただき、野菜のお話は、ベジタブル&フルーツマイスターであり、ベジフルビューティー「美容調理学」の講師でもある横山美紀さんにしていただきました。

今回の注目食材は、シークワーサー、なす、じゃがいも、バナナピーマン、ゴーヤー、赤しそ、ブラックペッパー、桃、ベルベーヌの9種類。
Photo_3  Photo_4


◆当日のお料理は、ご覧の9種類。
①見た目も涼しい中津川産・トマトジュレの冷製カッペリーニ
 じゅん菜とシークワーサーの果汁を絞って

  Photo_5
シークワーサーは、美白効果や免疫力を増強するビタミンCが豊富。がん抑制や紫外線の影響を抑えると最近注目のノビレチンという成分も。トマトのエキスだけを搾って作った透明なジュレにシークワーサーの果汁が加わり、その優しい酸味が爽やかさを呼び、その後の食欲をそそる一品でした。


②能登半島産・メジマグロの炙りカルパッチョ仕立て
 焼き茄子とミョウガのマリネとともに

  Photo_6

③千葉県産・鱸をじゃが芋で包んだトルティーノ
 マスカルポーネチーズと芽葱を添えて

  Photo_7

④全国の農家より取り寄せたこだわり野菜のサラダ
 色鮮やかなフランボワーズドレッシング

  Photo_8
今回面白い野菜として登場したのは、バナナピーマン。熟すにつれ黄緑→クリーム色→黄色→オレンジ→赤と変化。皮膚や血液の老化を防ぐビタミンCや細胞の老化を防ぐビタミンEなどを含みます。バナナピーマン含め50種類の野菜が入ったサラダは、盛り上がりました!1人ずつ、必ず50種類の野菜が入るように作られ、珍しい『たまご茸』や『カタバミ、ナスタチウム』などの野草やお花も。「これはなんだろう?」と周りの皆さんと談笑しながら大盛り上がりのサラダタイムに。


⑤愛知県東郷町産・ゴーヤと三重県産・剣先烏賊
 自家製からすみのスパゲティーニ

  Photo_9

⑥さっぱりした赤じそのグラニテ
  Photo_10


⑦佐賀県産・酵素ポークのロースト
  グリーンレンズ豆とご一緒に

  Photo_11

⑧長野県信州産・桃まるごと一個のコンポート
  バニラが香るアングレーズソース

  Photo_12
血行をよくするナイアシンを含み、コレステロールを体外へ排出する水溶性植物繊維を持つ桃。お皿の上に丸ごと1個の桃はインパクトがありました(笑)。

⑨愛知県東郷町・朝摘みのフレッシュハーブティー
  Photo_13

他のお料理も食材の話が展開され、食を通じて、笑顔と友の輪が広がることを実感できた瞬間でした。
「食は体を作るもの、食にまつわる事は人間関係を築くもの」だとつくづく感じました。

Photo_14 参加された40名の皆さんは食に興味のある方達ばかりで、シェフも非常にやりがいを感じてくださったようです。また今回はお店の方達の「おもてなしの心」にも感銘を受けました。スタッフがとても食材について勉強されていて、お客様の様々な要望に一生懸命応えてくださる姿はとても清々しいものです。

次回以降も皆さんに満足していただける「野菜が美味しい、人の心がうれしい」アカデミックレストランの企画を目指します。皆さんぜひご参加くださいね。


【企画者・レポート作成者】
ベジタブル&フルーツマイスター 青山 紀子

現場取材の経験を生かし日々変わる食の世界の今をお伝えします。

« 2009年7月 | トップページ | 2010年8月 »